カラーを長持ちさせるには・・・?

美容室でカラーをして3週間・・・

もう色が落ちてしまったなあ、なんてことないでしょうか?

 

 

 

 

 

確かに大体のカラーは1ヶ月も持てばいい方だと言われています

 

 

 

ホームカラーをされたことがある方はご存知かと思いますが

1剤と2剤の2種類を混ぜて反応させ

 

髪の中で色素を発色させる仕組みになっています

 

 

ここで大事なのが

寒色系の色素と、暖色系の色素の分子量・・・

「色素の大きさ」が違います

 

 

それぞれ褪色の原因が違うので、対策の仕方も変わってきてしまうのです

 

 

 

暖色系の色素はとても小さく、発色に時間がかかります

シャンプーをした時や、カラーやパーマをしてキューティクルが開いてる状態だと

隙間からすぐ色素が抜け出てしまいます

 

 

暖色系に染める方は

お風呂を出たらすぐ乾かしてあげたり、カラー用トリートメントなどを使い

アルカリに傾いたPHを迅速に弱酸性に戻してあげると

少し色持ちがよくなります!

髪を濡らすときのお湯も、暑すぎない事が大事です!

 

 

 

 

寒色系に染める方は

暖色と違い、色素が大きく簡単に流れ出たりはしません

ただ、紫外線と熱にめっぽう弱く

アイロンや日中の太陽光でどんどん褪せていきます

髪用の紫外線防止スプレーや、アウトバストリートメントで熱耐性をあげたり

高温でアイロンを通さない事が大事になりますね

 

 

ダメージレベルが上がると、暖色も寒色も

褪色に拍車をかけてしまいます

カラー用の色の入ったシャンプーやトリートメントもあります。

定期的なケアも怠らず

 

綺麗なカラーを長持ちさせる参考にしてみてください!

クーポンはこちら

電話番号 03-6875-3934