男性型脱毛症「AGA」のメカニズム

こんにちは!

今回は男性の悩みの種でもある「AGA」について

ご紹介したいと思います

 

 

 

 

 

 

最近よく耳にするようになった「AGA」は

男性ホルモンの影響で起きる男性型脱毛症で、思春期から始まるとも言われています

 

何が起きているかというと

男性ホルモンの「テストステロン」と酵素「5αリダクターゼ」が合わさり

「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンに変化します

 

このホルモンは、男性ホルモン「テストステロン」の数倍の力があり

男性らしい体系を作るパワーアイテムで、テストステロンが不足した時にカバーするために作られたりします

 

ですが、この「ジヒドロテストステロン」の出す信号が

影響の受けやすい頭頂部や前頭部に届くと、脱毛を起こす発信に変わり毛髪が成長を止め抜けます。

側頭部や後頭部の毛が抜けないのはこれが原因ですね!

 

そして、遺伝と言われるのは

この男性ホルモンと酵素の結合のしやすさや量だと言われています

母方の遺伝を継ぎやすいのも特徴です

 

 

 

じゃあどうすればいいのか、、、

一番効果が出るのは薬を飲むことです

一度は聞いたことがあると思います、「ミノキシジル」と「フィナステリド」ですね

ミノキシジルは毛細血管の拡張、副作用で体毛が濃くなるのも利用します

フィナステリドは酵素の産生を阻害します

 

 

ただ、副作用は他にも

むくみや頭痛、EDなどの作用が出る方もいますし

服用をやめると生えた毛は抜けてしまいます、中々続けるのが難しいという方が多いのです

 

少し手の出しやすい所に

海外ではポピュラーなAGA対策に「ノコギリヤシ」のサプリなども挙げられます

 

 

ですが

やはり適度な運動、食事、睡眠に勝るものはありませんね!

喫煙や飲酒も悪影響と言われますが、我慢してストレスを抱え込むのも良くないそうです

 

 

人それぞれに合った対策はあるかと思います

カットついでに是非相談してください!

 

 

飯田

 

 

 

クーポンはこちら

電話番号 03-6875-3934